« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年3月

【紹介】第9回OBIIミーティング「ポジティブサラダバー」

第9回OBIIミーティング「ポジティブサラダバー」 が3/28に開催されます。第1回同時多発 変化 連絡会議「見えてきた未来」で講演された森さんが、同じく講演された藤代さんの活動されるOBIIのイベントで講師をされます。

直前のご紹介になりましたが、興味ある方は是非ご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「見えてきた未来」、参加者のブログご紹介

「見えてきた未来」、参加者のブログをご紹介します(順不同)。ありがとうございます。

WEBMAN---ネットビジネスコンサルタントへたれSのブログ

したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記

リーダーのためのキャリア・デザイン・カフェ

TAKUYA’s FLIGHT RECORDER

日々考えるいろいろなこと

コラボラボ代表よこきょうのお仕事メモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「見えてきた未来」無事終了しました

無事第1回の「見えてきた未来」終えることができました。ご来場くださった皆様本当にありがとうございました。ワークショップを盛り上げてくださり、心から感謝いたします。

講師の皆様ありがとうございました。東大130周年記念企画に押し込むためかなりご無理をお願いしましたが、快くお引き受けくださりお礼申し上げます。

そして、予算のない上なにかと不都合の多い週末の企画でありながら、ボランティアで今日のシンポジウムを支援してくださった方々にはお礼の言葉もございません。

後4回さらに実りある会議をめざしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

なお、シンポジウム申込に登録をされていない方で、次回以降の企画の情報が必要な方、使い回しですいませんが、シンポジウム登録フォームがまだ生きておりますので、そこからご登録ください。ご登録はこちら

繰り返しですが、皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いよいよ今日です。

いよいよ本日開催となりました。おかげさまで100名を超える申し込みがあり、今資料の袋詰めをせっせとしています。当日参加でも構いません。是非いらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回 「見えてきた未来」 ご案内

B2_006__ss同時多発 変化 連絡会議の第1回を3/15に行います。プログラムは下記の通りです。みなさんのご参加をお待ちしております 。

お申し込みはこちらから(終了しました)

第1回同時多発 変化 連絡会議 「見えてきた未来」

  バブル崩壊後の失われた10年を経て、高度経済成長時代を通じて長年共有されてきた価値観が崩れ、我々は「何を信じていいのか」すらわからない混沌とした時代に直面している。
 しかしその一方、社会のあちこちでわくわくする変化が起こり始めている。
 そんな変化を連絡する会議「同時多発 変化 連絡会議」。第1回は「見えてきた未来」と題し、その変化を仕掛けている方々をお招きし、来るべき未来、その姿について講演を賜る。

開催日時: 2008年3月15日(土)13:00 – 17:00
場所: 東京大学工学部2号館213講義室
(ご注意/開催日が土曜日なので、入口は西側のフォラムゲートのみになります。入ってすぐの階段を降りてください。)

タイムテーブル
13:00-13:50 解説:「大量情報消費時代」                    
       田畑友啓 (東京大学産学連携本部 特任准教授)
13:50-14:40 講演:「組織を超えた多様性がイノベーションを生み出す -創発型開発のススメ-」                     
       藤代裕之氏(大手町ビジネスイノベーションインスティテュートOBII) 14:40-14:50 休憩
14:50-15:40 講演:「バイオが開く21世紀」                    
       丸 幸弘氏 (株式会社リバネス 代表取締役)
15:40-16:30 講演:「サードリアリティ~未来の変化に備えるために何を考えていくべきか」
       森 正弥氏(楽天株式会社技術研究所 代表)
16:30-17:00 ワークショップ
司会: 本橋 健氏(大手町ビジネスイノベーションインスティテュートOBII)

参加費:無料

主催:東京大学工学系研究科総合研究機構

お申し込みはこちらから(終了しました)

講演者・司会プロフィール


丸 幸弘(
Yukihiro Maru
 1978
年、神奈川県横浜市生まれ。東京薬科大学生命科学部環境生命科学科を卒業し、20014月、東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻修士課程に入学。この頃から生命科学の他に、教育とビジネスに興味をもつ。そんな中、学生団体Business Laboratory for Students設立に関わる。そこで得た全国の学生ネットワークをもとに、20026月、日本で初めてのバイオ教育のベンチャー、有限会社リバネスを理工系大学院生のみで設立。2003年には増資し株式会社リバネスに組織変更、株式会社リバネス代表取締役に就任。20063月、東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命工学専攻博士課程を卒業。現在、株式会社リバネスの代表取締役のほか、多数のバイオベンチャーの立ち上げを手伝い、役員や顧問を務める。

藤代裕之(Hiroyuki Fujishiro
 1973年徳島県生まれ。広島大学文学部哲学科卒業後、徳島新聞社に入社。社会部で司法・警察、地方部で地方自治などを取材。徳島大学付属病院医療情報部助手を経て、
NTTレゾナント(goo)。大手町ビジネスイノベーションインスティテュート(OBII)共同代表、マイネット・ジャパンアドバイザーなども務める。

ブログは「ガ島通信」。日経IT-PLUSに「ガ島流ネット社会学」連載中。共・編著に「ブログ・ジャーナリズム」(野良舎)、「メディア・イノベーションの衝撃」(日本評論社)など。

森 正弥 (Masaya Mori)
 1998
5月 アクセンチュア株式会社入社。製造業・官公庁を中心に、IT戦略策定、基幹システム構築、Webシステム構築、IT標準策定、先端技術研究所展開プロジェクトに従事。

20069月 楽天株式会社入社。楽天技術研究所にて前職における先端技術研究所展開に関する経験を活かし、技術研究所の立上げ・マネジメントを行っている。現在は、未 来ビジョン「サード・リアリティ」の策定と、電気通信大学とマルチメディア解析に関する一連の共同研究、慶應義塾大学とのデータ分析の共同研究を担当して いる。Ruby開発者まつもとゆきひろ氏との共同研究も担当している。

本橋 健 (Takeshi Motohashi)
 東京大学大学院修了後、
NTT研究所に入社。主にインターネットサービスアプリケーションの研究開発運用に従事。2004年米国MITスローン経営大学院修了(MOT)。現在、NTTにて研究開発マネージメントに従事するほか、技術経営(MOT)に関する講師や委員等を行っている。

お申し込みはこちらから

(この記事は、2007/12/25初投稿。2008/2/12に確定版掲載。2008/2/20にワークショップ追加。内容等変更になる場合があります。その際はご了承ください)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ご紹介ありがとうございます

内田麻理香さんと横田響子さん、ブログでご紹介くださりありがとうございました。講演者の皆さん気合いが入ってきているみたいで、当日が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主催が抜けてました・・(汗

ここの案内・ポスター・チラシ、すべて主催が抜けてました・・・。もう明後日だというのに。恥ずかしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »